注目の投資

太陽光発電で運用しよう

ここ数年、投資商品として注目されているものがあります。それが太陽光発電投資です。太陽光発電により得られた電気は電力会社に売電することができます。この価格が高めに設定されているため、初期投資費用を回収し、しかも運用益まで出るのです。数年前から太陽光発電はブームとなっていますが、その設置費用は着実に下がってきています。売電価格もじわじわと下がってきていますが、設置費用が下がっているため、投資利回りはそれほど下がっていません。太陽光発電投資はまだまだ魅力ある投資商品ということができるのです。そして、太陽光発電から派生した金融商品も登場するようになってきました。自ら設置できない人にとっては朗報と言えます。

売電価格は投資主に有利に設定されていました

太陽光発電投資の金融商品とは、多くの投資主からお金を集め、規模の大きい設備を作り、そこから得られた収益を投資主に分配するというものです。もともと、太陽光発電は導入当初、事業者に有利になるように売電価格が設定されていました。そのため、この有利な売電価格を利用して、金融商品とする事業者が増えたのです。太陽光発電投資は企業に限らず個人でもできます。中古ワンルームマンション等で不動産投資をする場合、1,000万円前後の資金が必要となりますが、太陽光発電であれば1キロワットあたり40万円から60万円で済みます。投資金額も小さく、何ヶ月も空室になるというリスクがないため、投資商品としては魅力的なものと言えます。